販売されている水の量

ホームへ戻る > 販売されている水の量

水飲料の販売と業者の選択
ミネラルたっぷりの天然水
歯医者とパントモ
ボトルウォーターと浄水器
水を飲んでダイエット

水というのは生活全般に関わる非常に重要な物資ですが、同時に非常に重たいものであり、飲用として見たときは品質保持の事も考えなければいけませんので、購入するにしても多ければ多いほど良いとは行きません。水道のように使うときに使うだけ手に入れば一番ですが、販売している飲用水の多くは何らかのパックやボトル・タンクにてある程度の量ごとに販売されているのが普通です。


まず一般的なサイズである「500mlペットボトル」というパターン。持ち運びを重視するという点からは非常に優秀です。行楽やドライブ、スポーツの際の水分補給として便利なサイズでしょうが、大量に使うには不向きです。この下の350mlというサイズもありますが、傾向は同じです。それ以下の容量は「水」の用途から言って不向きですのでまず見かけません。

大きい方だと次に来るのは1リットルというサイズでしょう。ただ、ミネラルウォーターなどに関しては1リットルというサイズが中途半端なのか余り見かけません。より多く見かけて、ペットボトルでは最もよく見かけるサイズとなるのが2リットルです。多くのミネラルウォーター製品が2リットルサイズを採用しています。なお、海外の製品だと1.5リットル、3.8リットルというサイズも規格として多いようです。


持ち運びを考えるのはこれぐらいまでで、ここからは据え置いて使うのが基本となる容量帯に入ります。宅配水などで最も多く販売されているサイズは12リットルというサイズです。容器はボトルであったりソフトパックであったりと色々です。また、海外の単位として3ガロン=11.35リットルというのもたまに見かけます。