ユニバーサルデザインで注文住宅を

ホームへ戻る > ユニバーサルデザインで注文住宅を

トイプードルに服を着せることについて
注文住宅と子育て
注文住宅とリビング
賃貸経営のリスク
ITシステムの統合計画

快適な居住環境を得るための対策として、ユニバーサルデザインへの関心が高まっています。ユニバーサルとは普遍的という意味で、国籍や年齢、性別、言語、健康状態などを問わずだれでも簡単・快適に利用できる製品や施設・設備のことを言います。こにユニバーサルデザインを注文住宅に取り入れることで、家族全員がより快適に暮らす環境を得ることができるのです。


高齢者と小さい子供が同居している家族の場合、全員が快適に使用できる環境を用意するのが難しい面もあります。たとえばスイッチやコンセント。位置が高すぎる・低すぎるために使いづらい、スイッチが小さい、説明の文字が小さくて読みづらいといったケースも考えられます。あるいは階段の傾斜が厳しい、廊下が滑りやすいなど。健康な大人にとっては何とことのない環境が人によっては不便をもたらすことも少なくないのです。

こうした環境を改善するために役立つのがユニバーサルデザインなのです。手のひら全体で押せるスイッチ、暗い環境で光を放つホタルスイッチ、適度な高さのコンセントの位置、あるいは足に引っかかったらすぐに抜けるマグネット仕様のコンセントなど。あるいは手すりの設置や段差の解消など、バリアフリー環境にも通じる設備もユニバーサルデザインに含まれます。ほかにも足元を照らすための照明、ドアノブは握りやすく使いやすいものに、出入りが楽な引き戸の導入などもユニバーサルデザインとして挙げられるでしょう。


家族全員が快適に暮らせる環境こそが、注文住宅の最大の理想です。それだけにユニバーサルデザインは注文住宅を建てる上での重要なポイントとなるのではないでしょうか。