中古物件の販売・購入なら地域に密着した北沢ハウス

歯科クリニック歯科クリニックでは、無痛治療を行っていることを大々的にアピールしているところが少なくありません。なんとなく「痛みの無い治療」であろうということは想像できますが、その技術についてご存知の方はあまり多くないようです。基本的に、無痛治療は麻酔に関連する技術であり対策です。例えば、「麻酔の注射が痛い」という方には、その注射の痛みを無くすことで、治療の質を向上させることを目的とします。


代表的な技術としては、表面麻酔が挙げられます。歯茎の表面に増す効果のある薬剤を塗布することで、注射針の痛みを無くします。寒冷麻酔という工夫を施しているクリニックもあります。表面麻酔をした箇所に、さらに寒冷スプレーで冷やしたスポンジを置いて麻酔の効果を高めます。熱を奪うことで痛みの感覚を麻痺させる方法です。

対して、麻酔液は温かいほうが痛みを少なくできるといわれています。麻酔液を体温に近い温度にすることで、薬剤を注入する際の「沁みる感覚」を解消できます。ゆっくり時間をかけて麻酔をすること、これも重要なポイントです。麻酔が十分に効くまで待つ、ということはもちろん、薬剤をゆっくり注入することも大切です。最近では電動の麻酔器も開発されており、コンピュータ制御のもと一定のペースで注射する技術が普及しています。


こうしてみると、無痛治療は医師の工夫によるところが大きいといことがご理解いただけると思います。腕の良い医師ほど痛くない、といわれる所以もここにあるわけですね。